トランクルームを選ぶ際のコツや気を付けたいことを伝授します

トランクルームとは、物品を収納する貸倉庫を含む施設のことを言います。最近ではコンテナを再利用したトランクルームをよく見かけます。自宅に収納スペースがなく、トランクルームを使用されるユーザーは年々増加しています。たくさんの企業が参入している業界ですが、選ぶ際に気を付けたいのはトランクルーム全体の敷地面積の広さです。狭小な土地の有効活用で作られているところは、車両の乗り入れができなかったりします。そうなると、重たい物や大きな物を収納したいとなった時に、長い距離を運ばなくてはいけなくなります。できれば自分の契約したトランクルームの目の前に車を横付けできるのがベストです。また自宅からあまりにも遠いのは経済的ではありません。出し入れのことを考えて、できる限り自宅から近い場所を選んでください。

トランクルームを契約する時に注意したいポイントとは

自宅に収納できない物品を収納できるトランクルームは非常に便利です。ですが、ポイントをしっかりと押さえておかないと、あとでしまったということになります。1つ目は料金です。レンタルである以上、毎月利用料がかかります。期間を決めての利用なら問題ありませんが、恒常的に利用するとなると、それなりの料金が発生してしまいます。トランクルームを長く借りるより、収納のある家の家賃を払った方が安かったなんてことが起きる可能性があります。2つ目はセキュリティです。屋外に設置してあるトランクルームには警備員の常駐しているようなトランクルームはないです。照明等はありますが、防犯設備も完全ではないので、貴重品や高価な物を保管するには不向きと言えます。高価な物を保管するのなら。セキュリティが万全なビルインタイプトランクルームをおススメします。

トランクルームにはどのような荷物を保管したら良いか

トランクルームを利用する一番の目的は、普段使わないけれど使う時は絶対来るといった季節的な荷物の収納です。洋服や車のスタッドレスタイヤ、スキー用品やバーベキュー用品などがこれに入ります。また洋服や本などが増えてしまって収拾がつかず、収納したいといった声もあります。ただし、何でもかんでもトランクルームというのは考える必要があります。理由は湿気やカビ等、トランクルームの立地条件や形態によっては、自宅での収納より悪い環境になることがあるからです。エアコン完備のトランクルームであれば問題ありませんが、そうでない場合は収納する荷物を選択する必要があります。また高価な物は防犯上おススメできません。アルバムや写真等も空調の効いていないトランクルームであれば避けるべき荷物です。