初心者でもすぐわかるトランクルームの使用方法について教えます

トランクルームとは、家庭の中にあって収納しきれないものや趣味のもの、季節ものなどを預けておくことができる倉庫のことを言います。また、引っ越しや建て替え、リフォームのために一時的に荷物を預けることもできます。トランクルームには、長期間にわたって預けることを前提としたものと短期間に預けることを前提としたものがあります。これらの2つは、預かってくれる業者やサービス内容などがまったく違いますので、自分がどんな目的で荷物を預かってもらいたいのかによって、選ぶべき業者は変わってきます。長期間で預ける予定であれば、トランクルーム業者に預けるのがおすすめです。短期間で預ける予定なら、引越し業者が運営するところに預けるのがおすすめです。こちらの場合ですと、引越しプランとセットになっている場合もあります。

トランクルームを選ぶ時のポイント

トランクルームを利用する目的は人それぞれですが、ここでは長期的に荷物を預かってもらうトランクルームを利用する時のポイントを述べます。トランクルームを利用する際には、自宅や仕事場などからアクセスしやすい場所を選ぶこと、月々の支払費用が安いことがポイントとなります。しかし、これだけでは十分ではありません。長期的に荷物を預けるとなれば、保管状態が気になるところです。トランクルームは屋内型と屋外型があり、セキュリティや保管状況が異なります。料金が高いところは火災や盗難に遭った時の保険が無料でついていたり、使用しているコンテナが海上輸送用の頑丈なものだったり、コンテナに通気口がついており、風通しが良いため荷物が傷みにくいなどの配慮があります。そのため、単純に費用だけで比較して決めるのではなく、これらの付加価値も加味して考慮しましょう。

トランクルームの契約の流れと注意点

トランクルームを契約する時は、郵送で申込書が送られてきますので、必要事項と身分証明書のコピーを返送します。その上で審査があり、契約書や口座振替用紙を始めとした必要書類が届きます。契約書と口座振替用紙に記入して返送し、指定された金額を指定口座に振り込むと、カギが送られてきます。トランクルーム会社に出向く必要はないため、手続きは簡単です。トランクルームに荷物を運び入れるために引越し業者を手配します。引越し業者選びは、一括見積もりサイトを利用すると便利です。複数業者に見積もりを出してもらい、その中から依頼する業者を決定します。なお、野外のトランクルームの場合、荷物の運び入れが夜になると、中がよく見えないという事態が起こりますので、昼間に引越し依頼をするのがおすすめです。あまり使わないものは奥に、時々取り出すものは手前に収納してもらいましょう。